アイクリームで目元のシワへアタック|予防と改善を両立する化粧品

女の人

大人の目元ケア

目元のケア

アイクリームを塗るときには、そのまま塗るだけではなく、優しくマッサージをするように塗りこむように工夫してみましょう。また、選ぶ際に知っておきたいポイントは、「乾燥ケア」「ハリや弾力」「無添加」などです。

もっと詳しく

乾燥による肌へのダメージ

笑顔の女の人

乾燥肌用のスキンケアが多く販売されています。それだけ多くの人が乾燥肌に悩んでいるという証拠かもしれません。スキンケア用品は季節や年齢に合わせて選ぶことが大切です。今の自分の肌に合うものを使うようにしましょう。

もっと詳しく

乾燥知らずの目元へ

クリーム

専用クリームの使用

30代に差し掛かる頃から、目元の乾燥を感じる人が増えています。特に下まぶたや目尻などは、瞬きや表情の動きなどとも重なり乾燥しがちです。この乾燥がやがて小ジワとなり、そのまま定着して大きなシワへと変化するのです。まずはこの乾燥を抑えるために、アイクリームを使うと良いでしょう。普段使っているクリームを目元に重ね塗りするのも一案と言えますが、目元専用に開発されたアイクリームの使用がお勧めです。目元の動きに強く、ドライアイやあくびなどで目元が濡れても保湿が続くのです。また、瞬きや表情によって目元がヨレても落ちにくい処方になっています。普段のクリームよりも格段に目元に合っているため、専用のアイクリームを使いましょう。

塗り方とタイミング

アイクリームを塗る時は、指でトントンとなじませるようにすると良いでしょう。力を入れると、それがシワのもととなってしまいます。優しいタッチで少しずつなじませましょう。塗るタイミングは、洗顔して化粧水と美容液を塗った後にしましょう。アイクリームを塗った後は、いつもの乳液やクリームで潤いに蓋をします。朝晩ともに塗ると効果が倍増しますが、朝はメイクを重ねることでヨレが気になるかもしれません。その場合は、朝晩で異なるアイクリームを提案しているブランドを選びましょう。朝用は、メイクを重ねてもヨレない処方になっています。乾燥が気になる30代からと言わず、20代の若い肌にも予防が必要です。目元のシワは疲れて見えてしまい、老化の元となり得ます。軽めのテクスチャーのアイクリームを使用し乾燥知らずの30代を迎えましょう。

肌を守るための化粧品選び

基礎化粧品

保湿成分が多く含まれ、肌への刺激も少なくなっている敏感肌用の化粧品が、乾燥肌の人にはおすすめです。乾燥肌の人は増えており、スキンケアに有効なこうした商品に対する注目も高まっています。今後はより便利で効果がある、新商品の誕生を期待したいところです。

もっと詳しく